名古屋の日本男性、新型肺炎感染 60代、ハワイ旅行後に入院 

2020/2/15 朝刊

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID(コビッド)19)を巡る問題で、名古屋市は十四日、市内在住の六十代無職の日本人男性の感染を確認したと発表した。東海三県での日本人の感染確認は初めて。男性は入院中で、発熱やせきが続いているという。

 市によると、男性は米国ハワイ州に妻と二人で旅行中の今月三日にかぜの症状を訴え、七日に帰国。八日に熱が三九度まで上昇したため、市内の医療機関を受診した。

 九日は自宅静養したが症状が続いたため十日に同じ医療機関を再受診し、軽度の肺炎と診断された。さらに静養を続けたが十三日に症状が悪化したため救急車で別の医療機関に搬送され、入院。十四日に市衛生研究所が遺伝子検査でウイルス陽性を確認した。

 男性は発症前の二週間以内に中国への渡航歴はなく、肺炎患者との接触も確認できていない。帰国後は自宅と病院を往復した以外には外出しておらず、感染経路は不明という。

 市保健センターの妻への聞き取りでは、男性は帰国便の機内や医療機関への移動中はマスクを着用していたが自宅内では着用していなかった。市は、男性を診察した医師や家族ら濃厚接触者の健康観察を続ける。

 市は十四日夜に幹部職員を集めた緊急会議を開催。終了後の取材では、男性が利用した空港や交通機関などの情報を明らかにしなかったが、健康福祉局の幹部は「周知が必要だと判断される情報があれば今後、開示していく」と話した。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち雨
10 ℃/--
東京
晴れ後曇り
14 ℃/--
大阪
雨時々止む
9 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集