琉球交響楽団 4月6日、初の東京公演 指揮者大友さん「沖縄ならではの歌心味わって」 

2020/2/27 紙面から

15年ぶりのレコーディングに臨んだ琉球交響楽団のメンバー(中央は大友さん)=2019年8月9日、沖縄県南城市のシュガーホールで

 沖縄県で唯一のプロのオーケストラ、琉球交響楽団が結成20周年にして初めての東京公演を行う。4月6日に行う県外初公演の会場は、世界的に知られるサントリーホール。ピアニスト辻井伸行さんのゲスト出演もあって、前売り券は完売。県内出身者を中心に現在34人いるメンバーにとっては「夢のまた夢」が実現する。

(ここまで 148文字/記事全文 899文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集