朝乃山、大関昇進 令和初「相撲を愛し正義全う」 

2020/3/25 夕刊

大関昇進の伝達を受ける朝乃山。左は高砂親方=25日午前、大阪市の高砂部屋宿舎で(代表撮影)

 日本相撲協会は二十五日午前、大阪市内で大相撲夏場所(五月十日初日・両国国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇朝乃山(26)=本名石橋広暉、富山県出身、高砂部屋=の大関昇進を理事会の満場一致で正式に決めた。令和で初の新大関が誕生した。

 協会は使者として出羽海理事(元幕内小城ノ花)と千田川審判委員(元小結闘牙)を大阪市内の高砂部屋宿舎へ派遣し、昇進を伝達した。朝乃山は「大関の名に恥じぬよう相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」と力強く口上を述べた。

 新大関の誕生は昨年春場所後の貴景勝以来。富山県出身では、太刀山(後の横綱)以来、百十一年ぶりの大関となる。平成生まれの大関は照ノ富士、高安、貴景勝に続いて四人目。

 朝乃山は新三役だった昨年の九州場所で十一勝、今年初場所で十勝、春場所で十一勝の好成績を挙げた。直近三場所の合計は三十二勝で昇進の目安とされる三十三勝には届かなかったが、右四つから左上手を引く正攻法の攻めや、この一年の六場所で二桁白星が五度の安定感などが評価された。新三役から小結と関脇を三場所で通過するのは、年六場所制となった一九五八年以降では照ノ富士の二場所に次ぐ二位タイの速さとなった。伝達式や記者会見は、新型コロナウイルスの感染防止策として代表取材に限定される異例の方式で行われた。

 <朝乃山英樹(あさのやま・ひでき=本名石橋広暉)> 富山市出身、高砂部屋。富山商高−近大を経て、16年春場所に三段目100枚目格付け出しで初土俵。17年春場所新十両。同年秋場所新入幕。19年夏場所で平幕優勝。同年九州場所新小結。20年初場所新関脇。優勝1回。殊勲賞2回、敢闘賞3回、技能賞1回。得意は右四つ、寄り。188センチ、177キロ。26歳。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集