がん治療の機器充実 岡崎市民病院、4月から導入 

2020/3/26 紙面から

全身のがんを検出できるPET−CT=岡崎市民病院で

全身のがんを検出できるPET−CT=岡崎市民病院で

 岡崎市民病院は4月から、全身のがんを調べられる最新の断層撮影装置「PET−CT」と、がん切除などに用いる手術支援ロボット「ダビンチ」を導入し、さらなる医療の充実を図る。

(ここまで 85文字/記事全文 415文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集